LINE
Instagram
facebook
ぷくぷくの泉質

山梨の日帰り温泉の浴場と泉質についてのご紹介しています

新日本三大夜景/夜景100選/日本夜景遺産

泉質について

ぷくぷくの泉質の特徴はpH9.3の無色透明、四大美人泉質とも言われるアルカリ性単純温泉です(他の3つは炭酸水素塩泉、硫黄泉、硫酸塩泉)

程よいアルカリ性泉質は刺激も少なく、お肌に優しく、小さなお子様からご高齢のお客様まで温泉を楽しむことができます。
お肌がヌルヌルになるほど強くはありませんが、お風呂上がりのツルツル感は実感していただけることと思います。

温泉で疲れを癒やし、絶景を眺め、心も身体も温まり、時間のゆるすまでおくつろぎください。

温泉成分表がご覧になりたい方はこちらのページのご確認をお願いします。

温泉成分表はこちら
ぷくぷくの泉質について

泉質の詳細

以下は大月短期大学「地球科学名誉教授」である田中収先生よりいただきました。

やまなしフルーツ温泉ぷくぷく は、二百万年前に噴火した水ヶ森火山堆積物の基盤を構成している、約一千万年前の昔、マグマが貫入し結晶固化した花崗岩帯中に、フィリピン海プレートの北上による約五百万年昔の丹沢島、約五十万年昔の伊豆島の衝突等により形成された、破砕帯中の開口割れ目や、マグマ結晶時に形成された水晶等・貴石の晶洞中で悠久の時の中で育まれた、本格的裂罅糸天然温泉としての名湯である。

本温泉は、泉温・湧出口温度43.2度、湧出量・毎分百八十二リットル(日量二百六十二トン)、泉質・ペーハー九・三の高いアルカリ性単純温泉という豊かな名湯である万葉源泉を使用している温泉場である。

「温泉効果としては、温泉熱や溶存物質による血液・リンパ循環の促進、自律神経の調整等の温熱効果。身体の中に酸素や栄養を多く取り入れ、老廃物を体外に排出して疲労をとる静水圧効果。人体の機能リズムの変化等による総合的生体調整作用効果。温泉成分等からの医学的効果。」

それに副交感神経系が卓越しやすく、身体全体を保護的条件で包む秩父多摩甲斐国立公園、南アルプス国立公園、富士箱根伊豆国立公園、八ヶ岳中信高原国定公園に囲まれた、標高五百八十メートルのフルーツやワインの香りが漂う高台の「フルーツ公園」に位置し、「休養」・「保養」・「療養」の三養による体調の正常化や自己免疫力の増強等々、最も大切な健康条件を強めてくれる温泉相(スパ・ファシーズ)の特性を有する天然温泉である。

正面に霊峰富士山を望み、眼下に新日本三大夜景が展開する山梨の「ぷくぷく」は、「高温浴」「中温浴」「微温浴」等を有効に活用することで体温が上がり、免疫力が高まり、血行が良くなり、身体中の細胞に栄養や酸素、ミネラルを十分に補給し細胞を活性化させ、また、老廃物を排出し、ストレスを解消し、体調が整えられ、かつ、マイルド加温によるガン化修復の生体防御作用が高まることが期待される名湯である。

地下千五百メートルから湧出してくる温度・湧出量・泉質・貴賓席としての大景観、全て第一級の本温泉の温泉相は、大地の神様「ガイア」の大いなる恵みであり、「やまなしフルーツ温泉」 ぷくぷく を正しく利用することで、より多くの人々が健康でより豊かな至福の人生を送って頂けたら幸いである。

2011年8月 田中 収

田中 収先生
田中 収先生
  • 温泉環境「温泉相」研究会会長
  • 地下水資源保全・活用研究協議会会長
  • 富士山環境学術調査研究会会長
  • 大地のロマン「石塊館」名誉館長
  • 富士山博物館名誉館長
  • 宝石貴金属協会名誉会長
  • 大月短期大学「地球科学」名誉教授
泉質について